Google Maps APIs 無償版の制限事項

subpage01

GoogleMapsAPIsはGoogleMapを自らのウェブページやウェブアプリケーションとして自由に利用できるように提供されている開発ツールです。

無償版でも十分に高度な開発を行えますが、次のような制限がありますので注意しましょう。・外部にクローズされたネットワーク環境での無償版の利用はできません。

例えば会社内のイントラネット環境やアクセスにパスワードが必要なネット環境が挙げられます。

Google Maps APIs情報探しのヒントをお教え致します。

・自社の開発ソフトにおけるGoogleMapsの利用や商品に連携する場合には無償版は利用できません。



・WebKit限定になりますが、スマートフォンアプリでは利用不可となります。ただし有料アプリでSKDを使用することは問題ありません。



・チラシや会報などの印刷物にはAPIsやキャプチャー機能を利用してGoogleMapを利用できません。
・スマートフォンなどにより位置情報を取得し、自動車や人物の地図上の現在地を確認する場合は無償版でなく有償版を使用する必要があります。

こういった制限事項に該当する場合は、有償版(PremiumPlan)の導入を検討する必要があります。例えばGoogleMapsAPIsを使用して自社のイントラネット環境(プライベートネットワーク)内で有償のアプリケーション開発を行う場合などが該当します。
有償版の料金に関してはAPIsの利用方法や使用量によって変わるため早めに代理店に確認することをお勧めします。